カート
ユーザー
絞り込む
商品を探す
コーヒー豆を探す
当ショップについて
SNS
炭火焙煎コーヒー豆 コロンビア ラ・ルイサ農園 ラム バレル エイジド 2021/56g袋入り
972円(税72円)
19 ポイント還元
各オプションの詳細情報
豆か粉かお選びください
炭火焙煎コーヒー豆 コロンビア ラ・ルイサ農園 ラム バレル エイジド 2021/56g袋入り
972円(税72円)
19 ポイント還元

完売いたしました!たくさんのご利用ありがとうございました!


コロンビア ラ・ルイサ農園
ラム バレル エイジド 2021[数量限定]


●コロンビアの伝統と新しい技術の融合により産まれた、ニューワールドコーヒー。


完熟したコーヒーチェリーを収穫後にラム酒を作るためのオーク樽に入れ密閉・発酵すること5日間。その後、アフリカンベッドにて乾燥すること20日間。手間暇かけた逸品です!





●ラム酒を想わせる甘い香りと、重厚なフルボディをもつ濃厚なコク。


ハイカカオのチョコレートを思わせる濃厚なコクとストロベリーやワイルドベリーを感じる香りと風味、そしてラム酒やモルトウィスキーを感じる個性的な風味は、これまで体感したことのない味わいといえるでしょう。
ホットはもちろん、コールドブリューで抽出後氷を浮かべたロックグラスに注げば、その一杯がコーヒーだということを忘れるくらいの衝撃です。



SCAJ協会コーヒーマイスター南蛮屋焙煎士 村松による
味の評価



香り

ラム酒、モルトウィスキー、ストロベリー、ワイルドベリー、ダークチェリー、ハーブ、ダークチョコレートなど。なによりもそのウィスキーを感じる風味の広がるさまは、はじめてにして圧巻の衝撃。複雑に絡み合う個性的な香りと口の中で広がるウィスキーの風味が次々と襲い掛かるように広がっていきます。



酸味

ストロベリーを感じる濃厚でジューシーに広がる甘酸っぱい感覚の酸。熟したフルーツのもつ甘味のある酸の感覚の中、かすかにブルーベリーのような酸も感じる。濃厚な風味が広がる中、そっと支えるようにたたずむ酸の瑞々しさは明るい印象です。



苦味

滑らかに、柔らかく主張する個性的な苦味。優しいなかにも芯がある不思議な感覚は、広がる風味の中でそっと主張してくる。この圧倒的な風味が複雑に絡み合う中で、苦味はあくまでも脇役です。



コク

ハイカカオチョコレートのもつ濃厚でフルボディのような感覚が絡み合い、余韻としていつまでも残る。奥行きを感じる滑らかな舌触りの豊かなボディー感は、個性的な風味とともに深く深く伝わる。ラム酒やモルトウィスキーを感じる風味の奥に様々な個性が絡み合う重厚感は圧巻の個性と言えます。




味の特徴

[あっさり]バランスのとれたコクと風味



焙煎度合

中煎り





生産国・グレード

南米 コロンビア 2020-21クロップ



農園・標高

ラ・ルイサ農園(標高1,750m):1907年設立 レインフォレスト認証



農園所在地

コロンビア北部 アンティオキア県ボリーバル市



品種・精製

レッドカトゥーラ種 オーク・バレル精製(ナチュラル) ラム酒用オーク樽貯蔵






南蛮屋 推奨4杯分 56g入り 特別仕様パック
窒素充填で鮮度保持(※豆でのご購入の場合のみ)


この商品はコーヒー豆の鮮度を最優先するために、焙煎後、豆のままの状態で酸化防止のための窒素ガスを充填してパック詰めした、美味しさを長期間保つ特別仕様のパッケージにてお届けしています。


≪粉でのご購入の方へのご注意≫


粉に挽いた状態での購入をご希望のお客様には、ご注文承り後に窒素充填パックされた商品を一度開封し、コーヒー豆を粉に挽いてリパック詰めしたものを納品させて頂きます。よって窒素充填による鮮度保持効果はございませんので、表面ラベル記載の賞味期限にかかわらず、お早めにお召し上がりください。尚、粉への粉砕時に記載の内容量より若干目減りいたします。ご了承ください。





●ラ・ルイサ農園


設立は1907年とその歴史は古く、この生産エリアにおける最古の伝統農園のひとつです。伝統的マラゴジッペ種においてコロンビア国内最大の生産者であり、まさにアンティオキアを代表する農園と言えるでしょう。
現在5代目に当たる農園主ジュアン氏は、その素晴らしい伝統を守りつつも革新的な精製方法や新たな品種開発に取り組んでいます。3年程前よりゲイシャ種、パカマラ種等昨今非常に評価の高い品種の栽培を始め、また「カーボニック マセレーション」などワインの発酵方法を応用した時代の最先端を行く精製方法を取り入れるなど、その情熱がこの新しい概念をもつニューワールド・コーヒーを産み出しました。




●「オーク・バレル・ファーメンテイション」コーヒーについて


完熟のみのコーヒーチェリーを収穫後ラム酒を作るためのオーク樽の中に入れ、樽を密閉して酸素の少ない環境をつくり出し、5日間(120時間)発酵させたのちコーヒーチェリーをアフリカンベッドの上で20日間乾燥させる工程を経て仕上げられます。




●コロンビア有数の生産地ののひとつとして知られる「アンティオキア」


そのコーヒー生産は180年前からと古く、国内でも歴史と伝統を誇る生産地として有名です。
アンデス山脈の中部から西部の斜面に位置しており、奇麗に澄んだ水、適度な斜面、谷を特徴とする生態系、そして標高の高さなど、その独特な生物多様性と地理的、また気候的条件は、個性あふれるこの地域独特のコーヒーの風味を産み出します。