カート
ユーザー
絞り込む
商品を探す
コーヒー豆を探す
当ショップについて
SNS
【限定】ブラジル フルッタ・メルカドン ナチュラル 2021 / 56g袋入り窒素充填パック
648円(税48円)
12 ポイント還元
各オプションの詳細情報
「豆」か「粉」かお選びください
購入数

【限定】ブラジル フルッタ・メルカドン ナチュラル 2021 / 56g袋入り窒素充填パック
648円(税48円)
12 ポイント還元


こちらの商品の発送は4月4日からです。


ブラジル フルッタ・メルカドン
ナチュラル 2021
[数量限定]


研究を重ねて産み出された新ジャンル
“天然酵母”発酵コーヒー
「果物市場」と名付けられたその衝撃的なフルーティー感は、まさに特別な味わい。


これまでのコーヒーの概念を覆す、全く新しいアプローチから創り出された新ジャンルとも言うべき斬新なコーヒーの登場!

精製工程の中で天然酵母による発酵プロセスを取り入れることで、これまでにないほどのフルーティーなフレーバーが産み出されました。収穫後のチェリーを天然酵母と一緒に発酵槽で発酵させることで得られる、強烈な果実感とブランデーのような風味は、これまでに感じたことのない味わいと言えるでしょう。

『フルッタ・メルカドン』とはブラジルの公用語であるポルトガル語で「果物市場」を意味しています。その名が示す通り、このコーヒーは液温の変化とともに様々なフルーツを感じる風味が襲い掛かるように広がります。その芳醇な香りと多彩なフレーバーが複雑に混ざり合う非常にユニークな感覚は、最大の特徴であり強烈な個性であると言えます。

天然酵母の作用と発酵により産み出された、衝撃的かつ斬新な味わい。これまでにない特別な風味をお楽しみください。


SCAJ協会コーヒーマイスター
南蛮屋焙煎士 村松による味の評価


アプリコット、バナナ、キゥイ、マンゴー、クランベリー、ストロベリー、ダークチェリー、オレンジなど、完熟な果実感のなかフルーティーな風味が次々と襲い掛かるその味わいは、衝撃的な感覚。また、バターのような滑らかな質感の中に感じる赤ワインや芳醇なブランデーのような風味も非常に個性的でユニークです。


香り

アプリコット、バナナ、キゥイ、マンゴー、クランベリー、苺、ダークチェリー、オレンジなど、まさにフルーツ市場。また、香りとともにフルボディの赤ワインやブランデーを感じるフレーバーも濃厚に広がる。複雑に絡み合う個性的な香りは、口の中で広がる風味と共に次々と襲い掛かるよう。

酸味

ダークチェリー、ブラッドオレンジなど、明るく煌びやかな酸がキラキラとした感覚で広がる。またストロベリー、ブルーベリーのような、重厚で熟した甘酸っぱい酸も混ざり合う。柑橘系の明るくフルーティーな酸とベリー系のジューシーな酸が甘く複雑に絡み合うその質感は圧倒的。

苦味

柔らかくて強く、そして滑らか・・・。優しくて芯がある不思議な感覚。圧倒的な風味が複雑に絡み合う中で、ひっそりと佇むような苦味が優しい。

コク

完熟フルーツのもつフルーティーな甘味とフルボディの赤ワインのような風味が絡み合い、余韻として残る。芳醇なブランデーを感じる奥行きのある滑らかな舌触りのボディー感も、どこまでも豊かで深い。様々なフレーバーが甘く濃厚に絡み合う様は、まさに圧巻のレベル。



味の特徴:[すっきり]印象的な風味と柔らかなコク



【生産国・グレード】南米 ブラジル連邦共和国 SC16-18 2019.08収穫
【農園・標高】ドナ・ネネン農園(標高1,080m)
【農園所在地】ミナスジェライス州セラード ミネイロ
【品種・精製】ブルボン・カトゥアイ種 ナチュラル精製 天然酵母発酵



南蛮屋 推奨4杯分 56g入り 特別仕様パック
窒素充填で鮮度保持(※豆でのご購入の場合のみ)


この商品はコーヒー豆の鮮度を最優先するために、焙煎後、豆のままの状態で酸化防止のための窒素ガスを充填してパック詰めした、美味しさを長期間保つ特別仕様のパッケージにてお届けしています。


≪粉でのご購入の方へのご注意≫


粉に挽いた状態での購入をご希望のお客様には、ご注文承り後に窒素充填パックされた商品を一度開封し、コーヒー豆を粉に挽いてリパック詰めしたものを納品させて頂きます。よって窒素充填による鮮度保持効果はございませんので、表面ラベル記載の賞味期限にかかわらず、お早めにお召し上がりください。尚、粉への粉砕時に記載の内容量より若干目減りいたします。ご了承ください。



『フルッタ・メルカドン』と名付けられた新しい試みについて


「これまでに無かった特別にフルーティーなフレーバーを創造する」ことから始まったその研究は試行錯誤の連続で、当初香草やジュースと一緒にタンクに入れるなどの発想も試みたそうですが、新しいフレーバーを産み出すことは出来なかったそうです。

その後、毎年に渡り年に一度の収穫に合わせ準備をし数種類の酵母を使って実験を試みた結果、ついに考えられないような香りを放った天然酵母に辿り着くことに成功。最終的にこの「天然酵母」へと的を絞りました。環境を作り活性化をはかることでコーヒーチェリーのもつ糖から得られたその「天然酵母」を使用することで、「天然酵母」発酵コーヒーはひとつの完成形を向かえることとなります。

そして、4年ほど前より安定してフルーティーなフレーバーをある程度計画的に作り出すことが出来るようになり、2018年より4人の生産者の協力のもと本格的な生産に踏み切りました。但し詳細な製造工程は企業秘密であり、既にブラジル国内にて特許出願されたその精製方法は、現在商標登録中でもあるとのことです。

絶え間ない努力と情熱によって導き出された「天然酵母」発酵コーヒー。完熟のコーヒーチェリーを腐敗させず良質の状態で発酵させフレーバーを創り出すという考えは、まさに“ナチュラル精製の進化系”と言えるでしょう。


この商品を購入する